ダイナミクスの動的修正による早期楽器演奏熟達支援システム

鍵盤楽器演奏において,音色表現の要素には打鍵箇所,リズム,打鍵速度,離鍵があります.
打鍵速度は音の大きさに影響しており,メリハリのある音色表現を再現できます.メリハリのある音色表現を習得することは楽器演奏の早期熟達に繋がると言われています.しかし,打鍵速度の学習は非常に困難でした.
そこで本研究では,動的にダイナミクス変更可能な疑似鍵盤型インタフェースを開発し,直感的に学習できる楽器演奏熟達支援システムの構築を提案しました.打鍵速度の習熟と触覚フィードバックの関係について調査し,音色表現の可能性を広げていきたいと考えています.

  • ブックマーク