両手同時操作における自己回帰型操作支援

本研究は人間の両手動作による機械操作への支援を目指しています。人間の両手動作は生活において多用しており、繊細な動作が求められる場合ではより重要となっています。しかし、機械操作では人間の片手操作のみを用いる機器や支援手法に趣が置かれています。
そこで、本研究は人間の両手同時操作時の協調関係を用いた支援システムを構築することで、汎用支援システムと比較し両手ならではの優位性を持つ支援を目指しています。
現在は、両手操作デバイスに力覚を持たせることで両手の繋がりを強固とし、現実に近いデバイスによるタスクでの実験を行っています。


この研究が進み、両手操作における支援手法の足がかりを得ることができれば、人間拡張デバイスの汎用化や従来の両手操作デバイスでの操作支援を実現できると考えています。また、人間個人内での動作は対人間において応用することができるため、人間同士の動作や関係への支援へと繋げられると考えています。

  • ブックマーク